お風呂場でできる真性包茎を自力で治す方法

真性包茎をお風呂場で自力改善

日本人男性の7割近くが仮性包茎と言われています。真性包茎と異なり、手で皮を剥くことができ、勃起すればちゃんと皮が剥けて亀頭が出てきますので、それほど大きな問題とは感じていない男性が多いようです。しかし真性包茎の場合はやっかいです。

見た目が情けないのはもちろんのことですが、それ以上に問題なのは皮が剥けないために雑菌が溜まりやすく、そのことによって包皮炎などの病気になりやすいことです。真性包茎を仮性包茎程度まで改善させることはできないのでしょうか。実は、お風呂場などで自力で真性包茎を改善する方法があるのです。お風呂に入ると血流がよくなるのでペニスが膨張し、包皮が伸びてきます。その状態でほんの少し自力で皮を剥いてみましょう。

痛くて全く向けない場合は無理をすることはありませんが、少しずつ包皮を剥いて亀頭が顔を出すように慣らしていくと剥けやすくなります。石鹸などを付けて滑りやすい状態にすると、より効果的でしょう。

真性包茎自力改善の限界

真性包茎を自力で少しずつ改善できたとしても、包皮が長い状態は変わっていないので、仮性包茎までは改善できてもそれ以上にはなりません。もし、本気で真性包茎の改善を望むなら、自力ではなく皮膚科や美容外科などのクリニックで、包茎手術を受けることをおすすめします。

手術を受けたなら問題はすべて解決します。見た目も立派になりますし、包皮炎などの病気に悩まされなくても済みます。手術を受けるデメリットは何もありません。費用が高いのではないかと気にしている方も多いようですが、真性包茎の場合は健康保険が適用されるので、3割負担だけでOKです。

具体的には15,000~30,000円程度です。亀頭直下法などの健康保険が使えない包茎手術を選んだとしても、100,000~150,000円程度です。一生のことだと思えば、決して高くはないでしょう。クリニックなどによって選べる手術法や費用が異なるのでよく確認すると良いでしょう。

まとめ

真性包茎は、お風呂場で石鹸を付けて少しずつ包皮を剥いていくことによって、多少なりとも改善することがあります。ただ、包皮が長いという点については変わらないので、自力で完全に改善することはありません。

もし完全に包茎の問題を解決したければクリニックで包茎手術を受ける必要があります。それにより見た目も逞しくなり、包皮炎などの心配も軽減されます。費用は健康保険を適用させることができので、3割負担でOKです。